指揮者 魅力

指揮者の魅力

オーケストラの演奏には、絶対といっていいほど棒を振っている指揮者がいますよね。
これ、ただ棒を振っているだけじゃんと認識している人がたくさんいるいるようです。しかし、指揮者が違うだけで同じ場合も全然違います。
今回は、指揮者の魅力についてまとめてみました。

指揮者の役目

オーケストラは演奏をする時、スコアという楽譜を基本に演奏をします。

 

指揮者は、簡単に説明すると、棒を持ちオーケストラの真ん中にたち曲を誘導する役割を持っています。
この指揮者は、ただ棒を振っているだけではありません。同じ曲でも指揮者が違うだけで曲はガラっと変わるんです。
この時、指揮者の人は大体がスコアを暗譜します。それによって指揮をすることに集中をできます。指揮者はオーケストラの音やテンポをみながら、全体の曲をまとめあげていきます。

 

指揮者で一番必要なものはというと、演奏のはじまりとおわりです。
これは、指揮者のタイミングではじまり、指揮者のタイミングで決めることができます。
また、曲を表現するのも指揮者の手にかかっているといっても過言ではないでしょう。演奏をするのは、演奏者ですが、曲を表現するのは指揮者の役目である思います。
これによって曲中に盛りあがりや抑えたり、この指揮者による違いが、指揮者の個性であったり、評価をされます。

指揮棒の役目

あの、指揮者がいつも持っている指揮棒にはどんな役割があるのでしょうか?
これは、指揮者はたくさんのオーケストラの前で指揮をしなければいけません。この時、指揮棒を持たずに指揮をしても指だけでは遠くまで見えないのです。

 

こうした理由で指揮者は棒を持つことになったようなんです。
この棒を使って、指揮者は曲の速さ、強さや、曲の色、表情などを指示するので棒が大きな役割りを持っていると思います。